【 MC plus全サービスの概要 】
MC plus Headline バックナンバー
【急性期一般入院基本料】の基準や経過措置を概説 改定説明会(2018.3.5)
配信日時:2018/03/05 18:41
=============
 MC plus <Headline>
=============

このメールニュースは、医療・介護関連情報提供サービスです。(無料/平日毎日配信)
受信をご希望いただいた方や、弊社社員と過去に名刺交換をしていただいた方に
お送りしております。
受信に関する変更等については文末をご覧ください。




>> 『同時改定のポイント』、絶賛発売中! <<

平成30年度診療報酬・介護報酬改定のポイント解説と関連資料をまとめた特別冊子です。
点数や単位も掲載!使いやすいハンディサイズとなっています。
今改定の保存資料や、勉強会のテキストなどにお役立てください。

☆ご注文はこちらから
https://www.meducation.jp/product_detail?id=1059

◆価格
2,300円(税込)+送料一律800円




>> トップニュース <<

◆[改定速報] 【急性期一般入院基本料】の基準や経過措置を概説 改定説明会◆
 厚生労働省は3月5日、2018年度診療報酬改定に関する説明会を都内で開催した。このなかで、同省保険局医療課の中谷祐貴子課長補佐は、【急性期一般入院基本料】における該当患者割合の評価方法や施設基準、200床未満の医療機関や病棟群単位の届出病棟を対象にした経過措置などについて、詳しく解説した。

>> その他のニュース <<

◆[改定速報] 入院料の再編、将来の機能を選択しやすくなった 厚労省◆
 厚生労働省保険局医療課の古元重和企画官は3月3日、日本慢性期医療協会の改定説明会で講演し、2018年度診療報酬改定で統合・再編される入院料について、医療機関が将来の医療機能を選択しやすくなったとの見方を示した。

◆[改定速報] 医療・介護の連携関連項目を概説 日慢協説明会で厚労省◆
 厚生労働省老健局介護保険データ分析室の西嶋康浩室長は3月3日、日本慢性期医療協会の改定説明会で、医療と介護の連携関連の項目を中心に、介護報酬改定内容を概説した。

◆[インフル] 2月19日から2月25日までの患者報告数は11万2,070人 厚労省◆
 厚生労働省は3月2日に2月19日~25日の「インフルエンザの発生状況」を発表。定点当たりの報告数は22.64(患者報告数11万2,070人)で、前週の29.65よりも減少した。

◆[感染症] 匿名・無料のHIV検査、「知っている」は約半数 世論調査◆
 内閣府が3月2日に発表した、「HIV感染症・エイズに関する世論調査」の結果によると、HIV検査を、全国の保健所で匿名・無料で受けられることを知っている人は52.0%であることがわかった。


▼メルマガ配信停止
https://goo.gl/SPGKrg

▼メールアドレス変更
https://goo.gl/j53jqe

……………………………………………………………

 発行:厚生政策情報センター(メディキャスト)   http://www.medicast.jp
 〒140-0002 東京都品川区東品川2-2-20 天王洲郵船ビル22階
 TEL:03-5781-1850 / FAX:03-5781-1851 / Mail: mcplus_h@wic-net.com

 ※本メールマガジンの記事を複製、転載することを禁じます。
 著作権はメディキャスト株式会社に帰属します。Copyright,2018 MediCast
【 短信をメールで受け取る 】
【 MC plus 全サービスの概要 】 【 MC plus 会員サイト 】