【 MC plus全サービスの概要 】
MC plus Headline バックナンバー
75歳以上2割負担、給付率調整を提言 社会保障WGで財務省(2018.4.20)
配信日時:2018/04/20 17:56
=============
 MC plus <Headline>
=============

このメールニュースは、医療・介護関連情報提供サービスです。(無料/平日毎日配信)

受信をご希望いただいた方、日本経営グループ主催セミナーへのご参加、
または、社員と過去に名刺交換をしていただいた方にお送りしております。
受信に関する変更等については文末をご覧ください。




>> 『同時改定のポイント』、絶賛発売中! <<

平成30年度診療報酬・介護報酬改定のポイント解説と関連資料をまとめた特別冊子です。
点数や単位も掲載!使いやすいハンディサイズとなっています。
今改定の保存資料や、勉強会のテキストなどにお役立てください。

☆ご注文はこちらから
https://www.meducation.jp/product_detail?id=1059

◆価格
2,300円(税込)+送料一律800円




>> トップニュース <<

◆[医療改革] 75歳以上2割負担、給付率調整を提言 社会保障WGで財務省◆
 財務省主計局は4月19日の経済・財政一体改革推進委員会「社会保障ワーキング・グループ(WG)」に提出した資料で、75歳以上の後期高齢者の自己負担2割への引き上げや、現役世代の負担能力を超えて医療費が増加した際の保険給付率見直しなどを提案した。


>> その他のニュース <<

◆[医療改革] 地域別の診療報酬設定、慎重論が大勢 社保審・医療保険部会1◆
 厚生労働省は4月19日開催の社会保障審議会・医療保険部会に提示した、医療保険制度の課題についての考え方のなかで、地域別の診療報酬設定について都道府県の意見を尊重した対応に努める方針を明記。委員からも慎重な意見が相次いだ。

◆[医薬品] オマリグリプチンなどで使用上の注意の改訂を指示 厚労省◆
 厚生労働省は4月19日、糖尿病用剤のオマリグリプチンなどについて、類天疱瘡があらわれる場合があるとして、添付文書の使用上の注意の改訂を求める通知を、日本製薬団体連合会宛に送付した。

◆[医薬品] 麻薬、指定薬物を含む危険ドラッグ7製品を発見 厚労省◆
 厚生労働省は4月19日、神奈川県で麻薬、指定薬物を含有する危険ドラッグ7製品が発見されたと発表。神奈川県は、当該製品を持っている場合は直ちに使用を中止し、医療機関を受診するよう求めている。

◆[保健] 2018年度国際保健基礎講座を開催 国立国際医療研究センター◆
 国立国際医療研究センター(NCGM)は、5月26日(土)13時から国際医療協力研修センターで、「2018年度国際保健基礎講座 第1回国際保健の基礎のキソ!~国際保健とは??~」を開催する。


▼記事全文を読む(お問い合わせ・お申込)
http://www.wic-net.com/mcplus_about_form

▼メルマガ配信停止
https://goo.gl/SPGKrg

▼メールアドレス変更
https://goo.gl/j53jqe

……………………………………………………………

 発行:厚生政策情報センター(メディキャスト)   http://www.medicast.jp
 〒140-0002 東京都品川区東品川2-2-20 天王洲郵船ビル22階
 TEL:03-5781-1850 / FAX:03-5781-1851 / Mail: mcplus_h@wic-net.com

 ※本メールマガジンの記事を複製、転載することを禁じます。
 著作権はメディキャスト株式会社に帰属します。Copyright,2018 MediCast
【 短信をメールで受け取る 】
【 MC plus 全サービスの概要 】 【 MC plus 会員サイト 】